ビジネスに取り組む理由。金銭的・精神的・時間的自由を求めて

とむ
こんにちは!とむです。今回お伝えするのはビジネスに取り組む理由です!

ビジネスに取り組む理由が明確でなければ、行動も曇りが出始めて泥沼を進むかのようにビジネスの速度は失速していきます。ビジネスをしているときに、つらい時に、挫折しそうになった時になぜ自分はこのビジネスをしているのか?

その答えが明確であればあるほどビジネスを進める心のエンジンは強く回り成果に結びつきます!

ビジネスを始める理由

人それぞれビジネスを始めたい理由はあると思います。

◆給料が少ないから稼ぎたい

◆遊ぶお金が足りない

◆脱サラしたい

◆借金がある

◆etc

といったように金銭的自由精神的自由時間的自由を求めて取り組もうと考えているのではないかと思います!

とむ自身この3つの自由を手に入れたく始めました。

とむの仕事は洋菓子店2店舗の店長です。同じ20代前半の社会人の中では役職も給料もそこそこもらっているほうです。しかし、圧倒的時間の自由が少ない。またお店は常に動いているため休みでも連絡が来ます。

また職種を変えてみれば同世代でもっと稼いでいて、休みも多く人生を堪能している人間もいます。

はたしてこのままででいいのか?

 

 

悪くはないけどもよくはない状態。

 

 

この状態の人は数多くいるのではないでしょうか?その時にとむはどのような人生を送りたいか。どのように人生の時間を使いたいか、どのようにお金を使いたいか、どのような精神状態でいたいか?

先ほどの3つの軸で考えました。

金銭的自由

どれくらいお金が欲しいですか?と聞かれて即答できる人は少ないと思います。とむは月収127万円欲しいです。

欲しい。というよりか必要なんです(笑)

とむのしたい暮らし

家族は4人でお嫁さんと子供2人で一軒家に暮らします。休みの日にはお出かけにいっぱい行きます。毎週末国内旅行、月に一回は国外旅行。車は自分とお嫁さん用に1台づつ。お嫁さんは働きたかったら働いてもらうし、趣味がしたいのであれば趣味をしてもらいたい。その自由を選ばせてあげたい。子どもにはやりたいことはすべてやらせてあげたい。わがままな子に育てるというのではなくいろんなことを体験させてあげたい。趣味が一眼カメラやドローンでお金かかるから趣味代もほしい。将来のために積立や投資でお金に働いてもらう分の余裕もほしい・・・etc。

書けばきりがないのでこの辺で終わっておきます。

自分の人生をどのようにしたいか考えた時に上のようなことが出てきました。じゃあ実際どれくらいかかるのさ?これを勝ちで調べました。

ライフプラン

下の図は総務省や国土交通省、結婚関係ではゼクシィ等様々なところから集めてきた情報です。それをまとめました(笑)

人間が生きていく中で生涯どれくらいのお金が必要になるのか?それの国が出した平均値です。

生活費

では一つ見ていきましょう。国が出した平均ですがまじかよ。と思ってしまいます。母がスーパーのチラシを見て少しでも安いものを買って節約していた理由をこれを見ると納得できました。

一つ一つ見ていきましょう。

食費

70269円。ちなみに4人です。4で割ると17567円。それを30日で割ると1日585円。

朝ご飯はご飯とお味噌汁(85円)。ランチはおにぎり2個とジュース(300円)。なんか節約した晩ご飯(200円)

やばくないですか?言葉遣いが悪くなってしまうくらいびっくりするようなことなのです。しかもこれは総務省が統計したものなのだからリアルなのです。

とむが使いたい食費

朝ご飯:ヨーグルト、フルーツ、ご飯orパンとそれにつき合わせのもの→300円

昼ごはん:3日愛妻お弁当(300円)・4日外食ランチ(1000円)→700円

晩御飯:お肉か魚がメイン、スープとサラダ→600円

計1600円×4人×30日=月192000円

この時点で国の平均より10万円以上オーバーしてしまいます。

もちろんとむの思い描く食費より抑えれるときもあると思いますが、家族で外食ということも考えると最終的にはやはりこれくらいになります。

被服費

14744円。何度も言いますが4人でです。言葉が出ないです。

お嫁さんがコート1着かったら家族は誰も服を変えないという状況です。しかしこれがリアルなのも周りを見ればわかります。

とむの家族では母と父が新しい服を買っているのをほとんど見たことがなかったし、とむと兄の服を買うとき、兄の服を買ってとむはおさがりばかりでした。そう考えるとこの数字はリアルで怖い。。。

父:1万

母:1万

子供2人:3万

これくらいは最低でもほしいかなと。

家族で5万円

簡単まとめ

このようにして1個ずつどれくらい使いたいか必要かを調べて合計したら月127万円はいるなとなったわけです。実際にすべてやってみることをお勧めします。結構絶望できますよ(笑)

余談

これはananの婚活ページです。リアルが載っていて衝撃でしたので購入。すべて読んでほしいのですが、一言でわかりやすくとむの言いたいことを言うと、

年収600万・結婚して子供がいた場合、車、家、お受験のうちどれかしか選べない。全て選ぼうとおもったら年収800万円は必要。

ちなみに今の社会人の年収はこちら。ほとんどの男の人が年収400万円ほど

普通に生きているだけでは余裕でお金が足りないんです(笑)

とむのビジネスをする理由まとめ

なぜビジネスに取り組むんですか?と言われたらしたい生活があるから。どんな生活?って聞かれたら先ほど答えたようなものです。

ビジネス僕もしたほうが良いですかね?と聞かれたらはっきりと言います。今しないと将来やばいよ。と。

更にいうのであれば今回は触れていませんが年金問題や、老後の貯蓄問題も考えるとおぞましいです。

精神的自由・時間的自由

前半戦ですごく長くなってしまったのでここは軽く書いておきます。

精神的不自由はどういったところから来るものか?

お金がない、時間がない、夫婦の仲が悪い、仕事がうまくいかない、毎日が楽しくない…etc

実はこういったことってお金が解決してくれます。

 

愛はお金で買えない。

 

という言葉在りますが事実だと思います。

 

しかし、お金がないとその愛も崩れてしまいます。離婚の原因の50%以上は経済的理由です。

 

お金がすべてではありませんが人生を幸せにするためのかなり重大な要素なのです。

 

もし、お金に余裕があれば仕事もしなくて良いのです。そうすれば仕事の悩みもなくなりますよね?そうすれば時間も空きます。

 

とむの求める精神的自由と時間的自由

それは今の進化バージョンです。今アフィリエイトは1日1~2時間くらいの作業で今月は50万円くらい行きそうです。これを後2倍以上にふくらまして127万円にする。

そうすると脱サラでOKです。

好きなことをしながら127万円稼いだら、金銭的・精神的・時間的自由がすべてそろいます。

又、余剰資金で投資をしていきお金にお金を稼いできてもらえばもっと効率がよくなります。

まとめ

ビジネスを始める理由は人さまざまだと思います。とむが言いたいことはビジネスを始めるのであれば始める理由が明かうであればあるほどビジネスに打ち込むことができます!ということです。自分の思い描くゴールに向けての努力はしんどくないですよね?多少の壁が出てきてもつぶすか乗り越えるかできるはずです!

 

とむがやっているアフィリエイトにご興味がある方は是非ご連絡してきてください―!

 

 

 

  販売員とむがはじめたアフィリエイトに興味がある方は、 下のLINE@からご連絡ください ↓↓↓↓↓↓↓↓↓       まずは稼いでみたい!という方は自己アフィリエイトは必見です!49pにわたる有料級のPDFをプレゼントいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

どこにでもいるただの販売員だったとむ。アフィリエイトを取り組み初月17万円→半年で50万円→現在進行形で127万円を目指しています。これからさらに稼ぎ、投資もしてお金と時間の自由を手に入れるために奮闘中!! 旅×ドローン×カメラが大好き。旅人アフィリエイターになります。